板井明生|FAXの送り方

板井明生|FAXの送り方

板井明夫

今さら聞けないビジネスマナーとして【FAXの送り方】がわからないビジネスマンが多いように感じる。

 

ここではFAXの正しい送り方を紹介しよう。

 

まず一番重要なことは「用件や枚数などを書いた書面を一枚添えて、一緒に送信する」という事だ。普通に家族や友達間でFAXを送り合う時は用件や枚数などを書いた書面は必要ないが、ビジネスマナーとしては必要なのだ。

 

その用紙に記入することは何点かある。
まずは「FAX文書の送り主と、送り先を知らせる。」
誰からの文書で、誰に宛てた書面なのかを知らせる必要がある。
そして「送り主については、会社名(または団体名)、部署名、担当者、連絡先電話番号とFAX番号を記載する。」
そして「送信枚数を知らせる。」「送信日を知らせる。」

 

もし連絡手段として使用するならば・・・
「補足説明を書く」ことを忘れずに。
「明日入荷します。ぜひご来店ください」等メッセージを記載することで送信先の担当者の方といい関係を築けるのではないだろうか。

 

以上の記載に気をつければ正しいビジネスマナー「FAXの送り方」が身についたと言えるだろう。

page top